円満退社をするためのポイント

4月 8th 2013 -


これまで勤めて来た会社を退職する時は、できるだけ円満退社したいものです。
そのために知っておきたいことや必要なステップがあります。

本当に退職したいのか、を確認する

まず、自分が本当に退職したいのか、意思を今一度確認しましょう。
退職を口にした時、場合によっては引き留めに遭う可能性があります。
その時に気持ちが揺らいでしまっては、結果的に自分に対しての評価が下がってしまいます。

上司に相談する

最初に退職の話しを切り出すのは、直属の上司にします。
同僚や先輩などに話してしまい、そこから上司に知れるとトラブルの元です。
直属の上司に話しを切り出した後、上司は部長や社長などと後任をどうするかなどの話し合いをします。
それを経て初めて退職が受理され、周りに話しが広められます。
そのため、それ以前の段階で同僚や先輩に言うのは御法度です。

理由を聞かれた時は、会社への不満ではなく、前向きな自分の理由を述べるようにします。
また、退職願は、就業規則に従って定められた日に出しましょう。
有給を消化して早めに退社する場合は、引き継ぎの時間をしっかり取った上で退職することが大事です。

Leave a comment!

  • カテゴリー