面接の場では相手の求める人物像を先に把握すること

2月 20th 2013 -


Apollo 11 Celebration at Mission Control転職活動をする際には自分を如何にして売り込める人材にしていくかが非常に大切になってくるのですが、企業によってそれぞれ求める人材が異なっていますので、希望する企業がどのような人材を求めているのかを素早く見抜く能力というものも大切になってきます。その能力を発揮する舞台は面接です。


面接では応募者がその企業の情報をしっかり聞き出そうとしている反面、企業側もその人材が社内で有効的に活用できるのかどうかを見極めようとしています。面接の場においてはいろいろな質問が投げかけられるのですが、そのような言葉の端々からその企業が何を求めているのかを把握しなければなりません。


こういう能力というものは先天的に兼ね備えている人もいるのですが、そうではない人であっても何度も訓練や面接を重ねていくことによって習得することが可能です。自分を売り込むための機会を無駄にしてしまわないためにも、相手が求めているものを会話の中から感じ取る能力を磨くことが重要になってきます。

Leave a comment!

  • カテゴリー