グルコサミンの効果とは何か

グルコサミンは私達の体内に存在するアミノ酸の一種です。そして、この成分は健康を守る上で重要な役割を持っている成分でもあります。しかしながら、年齢とともにこの成分は減少する傾向にある為、サプリメントなどを利用してグルサミンを外から補う事が必要になります。そして、それによって健康を維持する事ができるようになります。それでは、具体的にグルコサミンにはどのような効果があるのかというと、代表的な症状として関節痛があげられます。

 

なぜならば、グルコサミンは主に皮膚の損傷や関節のトラブルを修復する役割があるからです。年齢を重ねるごとに間接の軟骨がすり減り関節痛を引き起こす原因になりますが、この関節痛の原因になるすり減った軟骨をグルコサミンは再生する働きを持っているからです。この為、グルコサミンを外から取り入れる事によって関節痛を改善することができるのです。関節痛は日常生活に支障をきたす事もありますので、グルコサミンを利用して健康的な生活を手に入れてみてはいかがでしょう。

マカの効果は、精力剤だけではありません。

精力剤として取り沙汰されることの多いマカは、その豊富な栄養素から幅広い症状に効果的です。南米ペルーに植生するマカの歴史は古く、約2000年前からアンデス高地で栽培され、インカ帝国の時代には特権階級の食べ物とし珍重されていました。戦勝をあげた兵士への褒賞としても使われていたとの記録もあり、その時代から貴重な滋養食として知られていたようです。また、マカは土壌の栄養素を満遍なく吸収することから、一度栽培した土地は、数年間不毛になると言われています。それだけマカは、豊富な栄養素を含んでいるのです。

 

日本では2001年にテレビ番組で紹介されたことで一気に知名度が上がり、各取り扱い企業が「精力増強と言えばマカ」と言う宣伝方法が主流になったため、今でもそのイメージが定着しています。マカは鉄分、カルシウム、必須アミノ酸などの成分を含み、確かに精力剤としての効果はあるものの、他の用途が見過ごされ気味です。例えば、日本の大学や学会の研究によると、若年性を含めた更年期障害のホルモン補完療法、持久力向上や抗疲労用としての効果が発表されています。

杜仲茶の効能について

みなさんは杜仲茶を飲んだことがありますか。杜仲茶にはどのような効果があるかご存じでしょうか。杜仲茶とは中国大陸からベトナムにかけて自生している杜仲の葉を原料としたお茶のことです。中国ではもちろん、日本でも古くから親しまれてきたお茶であり現在でも飲用されている方は多いです。では気になる効能についてですが、杜仲茶には聞きなれない「ゲニポシド酸」が含まれています。この成分は高血圧、高コレステロールの軽減に効果があるとされています。

 

また、杜仲茶には利尿作用があります。それは葉っぱに含まれる「ジグルコサイド」や「ビノレジノール」という成分が利尿作用を促す成分だからです。ですから飲用することによって尿を出しますので、余計な塩分や水分を排出し、肝臓などの臓器の負担を軽減します。よってむくみや二日酔いにも効果があるとされています。杜仲茶にはカフェインが含まれていませんので、安心して飲むことができます。このように杜仲茶は私たちの健康を支えてくれる素晴らしいお茶だということがわかります。

排尿トラブルにはノコギリヤシ

年齢を重ねるとともに、夜中に何度もトイレに起きて寝不足だという男性が増えます。その原因のひとつに前立腺肥大があります。前立腺は尿道を取り囲んでいて、それが加齢と共に大きくなって尿道が圧迫されることで膀胱が過敏になったり、残尿感があったり、頻繁にトイレに行きたくなるなどの排尿トラブルが起こりやすくなります。また、加齢で男性ホルモンが崩れることでも起こるとも言われています。そんな症状におすすめなのがノコギリヤシのサプリメントです。

 

ノコギリヤシとは、北アメリカ原産のヤシの一種で、古来から果実を民間薬として排尿トラブルの悩みなどに利用されてきたそうです。ドイツなどでは、初期の前立腺肥大の治療薬としても使用されています。排尿トラブルは毎日の生活に影響が出ます。日々の生活を充実させ、毎日楽しく快適に過ごすためにも排尿トラブルを解消することが重要です。そのような症状で悩んでいる中高年男性は、一度ノコギリヤシのサプリメントを試してみはいかがでしょう。