マカの効果は、精力剤だけではありません。

精力剤として取り沙汰されることの多いマカは、その豊富な栄養素から幅広い症状に効果的です。南米ペルーに植生するマカの歴史は古く、約2000年前からアンデス高地で栽培され、インカ帝国の時代には特権階級の食べ物とし珍重されていました。戦勝をあげた兵士への褒賞としても使われていたとの記録もあり、その時代から貴重な滋養食として知られていたようです。また、マカは土壌の栄養素を満遍なく吸収することから、一度栽培した土地は、数年間不毛になると言われています。それだけマカは、豊富な栄養素を含んでいるのです。

 

日本では2001年にテレビ番組で紹介されたことで一気に知名度が上がり、各取り扱い企業が「精力増強と言えばマカ」と言う宣伝方法が主流になったため、今でもそのイメージが定着しています。マカは鉄分、カルシウム、必須アミノ酸などの成分を含み、確かに精力剤としての効果はあるものの、他の用途が見過ごされ気味です。例えば、日本の大学や学会の研究によると、若年性を含めた更年期障害のホルモン補完療法、持久力向上や抗疲労用としての効果が発表されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>