月別アーカイブ: 2018年9月

エイジングケアでしみ対策をしよう

年齢を重ねるごとに肌の老化は進んでしまうものですが、しっかり対策をすることによって、肌老化のスピードは抑えることが可能です。特に女性が気になる「しみ」は、1つでもできてしまうと一気に見た目年齢を引き上げてしまうので、できるだけ予防・改善したいものです。

 

しみ対策として必要なエイジングケアには、美白化粧品を使ったスキンケアが挙げられます。洗顔をすれば毎日行うスキンケア、いつも使う基礎化粧品を美白化粧品へとチェンジするだけで、手軽にしみ対策することが可能です。美白化粧品に含まれている有効成分は様々ですが、その中でも特に多く使われているのがビタミンC誘導体やアルブチンといった成分です。

 

ビタミンC誘導体はしみの原因となるメラニン色素を、高い還元作用によって薄くする働きや、メラニン色素自体を作り難い状態へとする成分です。アルブチンはチロシナーゼという酵素の働きを弱め、メラニン色素を作り難くします。どちらも美白効果に優れた成分ですので、基礎化粧品を購入する際はこれらの成分が入っているかをチェックしてみましょう。

 

他にはプラセンタエキスも、エイジングケアにはおすすめです。プラセンタエキスは肌のターンオーバーを促進する作用があり、古い角質と一緒にメラニン色素が剥がれ落ちるのをスムーズにしてくれます。基礎化粧品を使ったエイジングケアは、すぐにしみが薄くなるなどの即効性は無いものの、続けることでしみの予防に繋がります。

 

エイジングケアといえばスキンケアで美容成分を肌に浸透させるというイメージが強いですが、しみに関してはメラニン色素を作らせないようなケアを行うことも重要です。紫外線を浴びると大量のメラニン色素が作られてしまうので、日頃から日焼け止めを塗って紫外線対策を行いましょう。日焼け止めは夏場しか使用しないという人も多いですが、紫外線は1年中降り注いでいるので、季節関係なく1年中使うことをおすすめします。