ビジネスヘッドハンティングの最新事情をお届け


resize (5)

 

 

ヘッドハンティングの話はたまに耳にすることはあっても、実際に体験したという人にはなかなかお目にかかれません。これは、ヘッドハンティングで転職したことをおおっぴらに話さない人が多いからかもしれません。

 

前の会社の人達に知られてしまうのもなんとなく嫌だという人も多いためか、ブログやSNSで書いたりする人も多くありません。ただ、実際にはかなりの多くの人が、ヘッドハンティングで転職をされています。特に、企業の取締役クラスともなると、会社の業績がそのまま自分の実績に直結するようなところもありますので、エグゼクティブサーチの対象になりやすく、ヘッドハンティングが多くかかるようになるようです。

 

一流企業の代表取締役が外部から招聘されてくるような場合だと、エグゼクティブサーチの会社が、間に入って決まるケースなどが近年では多くなってきました。一流のビジネスパーソンは自身の会社に不満を抱いて転職をするというパターンが起きにくく、たとえその様な場合でも自分で起業してしまうそうです。ですので、一流のビジネスパーソンは転職市場で、大きなニーズがあるにもかかわらず、供給が少ないという構図が生まれます。そこで、それを解消するためにうまれたのが、ヘッドハンティング・エグゼクティブサーチ会社です。

 

知られざるヘッドハンティング事情」では、一般的にはなじみの無いヘッドハンティング業界について、以前ヘッドハンティング業界で100人以上のヘッドハンティングを実現させた管理人が、実際に役に立つ転職情報をまとめています。

 

Comments are closed.

  • カテゴリー